更年期と上手く付き合う為にはエクオールサプリメントがオススメの理由

更年期と上手く付き合う為にはエクオールサプリメントがオススメの理由

腸内フローラの状態によってエクオールが作れる人と作れない人が存在しています。自分で作ることができない人は、サプリメントで補ってあげましょう。更年期障害の改善が期待できます。

 

腸内フローラって一体なに?

 

腸内フローラって聞いたことはあるけど、一体何のことを言っているのかご存知の方は少ないのではないでしょうか。私たちの腸内には、色々な細菌が生息しているのですが、その数はなんと数百種類に及び600兆個以上もあると言われているのです。小腸から大腸にかけて、この細菌たちが種類ごとにグループごとにまとまり、腸の壁面に住み着いています。その状態を顕微鏡で覗いてみると、花畑のように見えたことから腸内フローラという名称が付けられました。簡単に言うと、腸の壁面に住み着いている細菌のことをそう呼んでいるのです。人によってこの細菌のどの種類が腸壁に住み着いているのかは違ってきます。腸内に生息する細菌には大きく3つに分かれているのですが、1つは乳酸菌のような善玉菌と呼ばれるものです。善玉菌は、私たちの腸内環境を良くしてくれ、悪玉菌に対抗してくれる存在です。善玉菌に対して、悪玉菌というものも存在しており、ウェルシュ菌や病原性大腸菌などがあります。悪玉菌は、腸内の調子を悪くし、下痢や便秘を招いてしまう厄介な存在です。さらに、日和見菌(ひよりみきん)という存在も腸壁にはいます。更年期にはエクオールサプリメント

 

この日和見菌は、善玉菌や悪玉菌の優位な方に付くという菌で、強い方の味方をするようです。この3つの菌が腸内に存在し、バランスをとっていることを腸内環境(腸内フローラ)と呼ぶのです。腸内環境の理想的なバランスとしては、善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割が良いとされています。この状態をキープしていくことが腸内環境を整える上ではとても大切ですが、食生活やストレス、年齢、薬(抗生物質の服用)によって乱れてしまうことがあります。バランスが崩れてしまうと、悪玉菌が増え、その有害物質が腸内だけではなく体全体へと悪影響を与えてしまいます。生活習慣病や肌荒れ、老化などを促進してしまうのです。腸内環境を整える為には食生活の見直しやストレスを溜めない生活を心掛けていく必要があります。日頃から摂取しておきたい善玉菌である乳酸菌は積極的に摂取していきましょう。

 

更年期障害を改善してくれると話題に

 

女性ホルモンに効果があると言われている大豆イソフラボンは、「ダイゼイン」「グリシテイン」「ゲニステイン」の3種類から構成されています。その中の「ダイゼイン」が腸内環境(腸内フローラ)で代謝される際にだけエクオールに変化すると言われているのです。大豆イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをしてくれるのですが、この代謝物自体にはエストロゲンの100分の1や1000分の1という効果しかありません。しかし、エストロゲンが体内で足りなくなった時にその信号を察知し、エストロゲン受容体の隙間に入り、骨や肌、脳や血管を守る働きをしてくれるのです。逆にエストロゲンが過剰に分泌されている時にはその働きをセーブしてくれる役割も担ってくれます。この代謝物を、スーパーイソフラボンなどと言われるぐらい注目されているのです。このエクオールは、人によって変換できる人とできない人がいます。特に更年期障害が重い人ほど、変換することができずにいるのだとか。その理由としては、腸内に変換してくれる細菌が存在しているかどうかで作れるか作れないかが決まるようです。女性の2人に1人の割合と言われていますので、自分の腸内で代謝物として生成できるかどうかを確かめておくと良いでしょう。自分の腸内で生成することができているのかどうかを知りたい女性は、尿検査をしてもらいましょう。別名「ソイチェック」と呼ばれ、尿内に含まれているかどうかで判断できます。体内で作れる人は積極的に大豆製品を摂取することで、若返り効果にも期待ができますし、シミやシワを改善してくれますよ。また、体内で生成することができない人はサプリメントで補ってあげる方法もあります。サプリメントを飲むようになって、更年期障害が改善されたという女性も多く、使用してみる価値はありそうです。また、テレビなどで特集が組まれるぐらい注目されているのがシミに対して有効ということでしょう。シミを薄くし、さらに予防してくれることが期待できるそうです。体内で作ることができないから仕方ないと諦めずに、サプリメントで美肌を目指していきましょう。